STEP5 FTPソフトでサーバにファイルをアップする
トップページ
格安サーバー(月額約300円)ランキング
比較ランキングと各サーバーの詳細
目的別に選ぶ
サーバー選びのコツ
STEP形式で手順を解説!
インターネットの基礎知識
CMSのインストール
サイト情報

STEP5 FTPソフトでサーバにファイルをアップする

サーバーとドメインの設定が終わったので、いよいよホームページのファイルをFTPソフトを使って、レンタルサーバーにアップロードします。

まず、FTPソフトをダウンロード、インストールします。

「FFFTP」というソフトが無料で使いやすく、定番ソフトでしたが、
最近セキュリティの脆弱性をつかれ、パスワードが盗まれサイトが改ざんされる、という事例があるようです。
しかし、対応策も載っています。ちょっと一手間増えますが。

Sota's Web Page

FTPS接続(情報を暗号化した接続)もできる「FileZilla」というソフトもあります。こちらも無料です。
※英語のページですが、ソフトをダウンロード後に日本語版を選択できます。

FileZilla - The free FTP solution

※FTPS接続は、対応しているレンタルサーバーと未対応のレンタルサーバーがあります。
FTPS対応の可否については、比較ランキングのページで、項目に記しましたので、参考にしてください。

格安レンタルサーバー(月額約300円)比較ランキング
無料レンタルサーバー比較ランキング

FTPソフトをインストールしたら、早速立ち上げます。
(ここからの手順は「FFFTP」を使っていますが、「FileZilla」でも手順はほぼ同じです)

「新規ホスト」をクリックします。

さくらサーバのFTP情報を入力します。(さくらサーバからのメールに載っています)
個々の項目の名前が、以下のように多少異なっていますので注意してください。

さくらサーバでの名称FFFTPでの名称
ホストの設定名(適当でいいです。例:sakura_lite)
FTPサーバ名ホスト名
FTPアカウントユーザ名
パスワードパスワード/パスフレーズ
FTP初期フォルダホストの初期フォルダ(空白でいいです。)

下線のある箇所を間違えると接続できないので、注意してください。

※無料お試し期間を設けているサーバーでは、お試し期間中と正式契約後で、このFTP情報が異なっている場合があります。

入力したら「OK」をクリックします。

さくらサーバの設定ができたので、「接続」をクリックします。

入力情報が合っていれば、「ファイル一覧の取得は正常終了しました」と表示されます。

右側のボックスがさくらサーバのフォルダになります。
「www」というフォルダをダブルクリックして、階層を下がります。

「www」フォルダの中で、右クリックで「新規フォルダ」を作り、
さきほどさくらサーバの独自ドメイン設定で、付けたフォルダ名と同じ名前にします。(例:domain.com)

作ったフォルダをダブルクリックして中に入ります。

このフォルダ(例:domain.com)内にindex.htmlなどのホームページのファイルをアップします。

自分のパソコンのフォルダからファイルをドラッグ&ドロップで移動すると、サーバにアップされます。

以上です。
ホームページのURLをブラウザに打ち込んで、自分のホームページが見れるか確認してみましょう。

 
Copyright(C)【 レンタルサーバー使用レポ 】使ってわかった用途別選び方完全ガイド All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析