レンタルサーバーとプロバイダーの違い(インターネットの仕組み)
トップページ
格安サーバー(月額約300円)ランキング
比較ランキングと各サーバーの詳細
目的別に選ぶ
サーバー選びのコツ
STEP形式で手順を解説!
インターネットの基礎知識
CMSのインストール
サイト情報

レンタルサーバーとプロバイダーの違い(インターネットの仕組み)

そもそもレンタルサーバーとプロバイダーの違いが分からない方もいると思いますので、
基本的なインターネットの仕組みも含め、
「レンタルサーバー」と「プロバイダー」について説明していきます。

プロバイダーは、簡単に言うと、接続業者です。

あなたのパソコンを、インターネットにつなぐ役割をしています。

つなぐ形態には、

・電話線を使うADSL回線、
・光ファイバー回線、
・ケーブルテレビの回線

などがあります。

一方、レンタルサーバーは、ホームページ(ウェブサイト)を置くスペースを提供する業者です。

レンタルサーバーの「サーバー」とは、大まかに言うとパソコンです。

しかし、あなたのパソコンは、基本的にあなた一人しか、あなたのパソコンの中身を見れませんが、
サーバーは、インターネットを介して、複数のユーザーがアクセスできるようにしています。
そのため、普通のパソコンではなく、もっとセキュリティや性能を上げているもの、と考えてください。

そのサーバーの、一部もしくは1台まるごとのスペースを、
ホームページを持ちたい人などに貸し出しているのがレンタルサーバー会社です。

※実際には、上位の大規模プロバイダー同士が高速回線でつながっていて、
 その下に中小のプロバイダーがつながっている、という仕組みがありますが、
 とりあえずは上の図のように理解していて問題は無いです。

しかし、プロバイダー会社でも、レンタルサーバーと同じサービスをしている会社もあります。
ホームページ用のスペースを貸し出したり、メールが使えたり、という具合です。

ただ、レンタルサーバーに比べると、制限が多いので、
自分のやりたいことができない、という人が、より自由度が高いレンタルサーバーを使うことになります。

注1:
プロバイダーは接続業者ですが、プロバイダー会社は電話線などの回線は扱いません。
電話線などの回線は、別に「回線事業者」が持っています。
回線事業者の最大手はNTTです。他にKDDI、ソフトバンクテレコムなどです。
ケーブルテレビ会社のプロバイダー・サービスなど、同じ会社が回線(ケーブル)も持っていて、プロバイダー業務も行っている場合もありますが、
NTTなど電話事業者に関しては、回線事業者としてシェアが大きく、両事業を1社で行えると、
独占禁止法に抵触してしまうため、子会社がプロバイダー業務をしています。

 
Copyright(C)【 レンタルサーバー使用レポ 】使ってわかった用途別選び方完全ガイド All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析