「ファイルをアップする」とは?
トップページ
格安サーバー(月額約300円)ランキング
比較ランキングと各サーバーの詳細
目的別に選ぶ
サーバー選びのコツ
STEP形式で手順を解説!
インターネットの基礎知識
CMSのインストール
サイト情報

「ファイルをアップする」とは?

ファイルをアップする、という概念がいまいち分からない、という方もいるかと思われますので、説明したいと思います。

正確には、「ファイルをアップロードする」といいます。
「ファイルをダウンロードする」というのは聞いたことがあると思います。
「アップロード」の反対語が「ダウンロード」です。

画像ファイルや動画ファイル、フリーソフトを、その提供サイトからダウンロードする、というのは、皆さん経験があるかもしれません。

これは、言い換えると、それらのファイルを置いてあるサイトのサーバーから、インターネットを介して、皆さんのパソコンにファイルをコピーする、ということです。

「ファイルをアップロードする」というのは、まさにその逆の作業で、
皆さんのパソコンにあるファイルを、インターネットを介して、サーバーにコピーする、ということなのです。

もちろん、サーバーとは、皆さんが借りているレンタルサーバーのことです。

そして、レンタルサーバーも、誰だかわからないユーザーから、ウイルスなどの危険なファイルをサーバーにコピーさせるわけにはいきませんから、
ユーザー名、パスワードなどで認証を取って、セキュリティを確保した上で、
サーバーへのファイルのコピー、すなわちアップロードを許可します。

このセキュリティ認証も含めたアップロード作業をユーザーが簡単にできるようにしたのが、FTPソフトです。
※詳しくはFTPソフトでファイルをアップするのページをご覧ください。

レンタルサーバーのユーザーページやコントロールパネルにある、ファイルマネージャーでもファイルのアップロードができますが、
ファイルマネージャーだと、ファイルを1個1個指定する必要があり、
何十個ものファイルを一度にアップロードしたいときには、不便です。
また、ファイルをアップロードしたいときに、いちいちユーザーページやコントロールパネルにログインするのもおっくうです。

FTPソフトであれば、一度設定してしまえば、ソフトを立ち上げて、保存したサーバー設定を選べば、すぐにアップロードできます。

また、複数のファイルを扱う場合も、ファイルを選択してからドラッグして、FTPソフトのウインドウの、サーバー側を示す窓に放り込めばアップロードできたり、
自分のパソコン内のフォルダのように作業できるので、非常に便利です。

 
Copyright(C)【 レンタルサーバー使用レポ 】使ってわかった用途別選び方完全ガイド All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析